1st.ミニアルバム『popi/jective』

1st.ミニアルバム『popi/jective』

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 2 days
    1,800 JPY

◼️popi/jective アーティストの笹谷創と詩人の佐藤yuupopicによる音楽×詩のユニットpopi/jectiveのデビュー作となるセルフタイトルの1st.ミニアルバム。 違うけれど似ているふたりによる音楽×声×ことばセッション。近過ぎず遠からず。音楽と詩のことばが指先で手をつなぐような距離感でふんわり存在しあう新感覚ポエトリーリーディングミュージック誕生。 ◼️推しコメ! 「こうゆうのやりたかった!」 御徒町凧(詩人) 詩人の御徒町凧さんから推薦コメントを頂きました。森山直太朗さんの「さくら(独唱)」他一連の共作や山崎育三郎さんの新曲「誰が為」等数多作詞も手がけ音楽に縁深い凧さんの、かわいらしくインパクト溢れることばと共にまだ見ぬあなたに届きますように。 ◼️CDのみの制作について: 手に取っていただけるものが作りたくて、この時世に逆行してあえてサブスク販売なし。フィジカル盤のCDのみの制作です。 ◼️商品情報: 発売日:2021年4月26日 商品コード:FRY-001 価格:1,800円(税込) 収録時間:27:41 曲+リーディング:笹谷創 詩+ リーディング:佐藤yuupopic イラスト+ビジュアルデザイン:あらたよう 制作:風神雷神や。 協力: aulymosquito ◼️作品説明: 佐藤 yuupopic1st.詩集『トランジッション』から「そばかすサンデイモーニン」「クライシェの星」、2nd.詩集『球春礼賛2017』から「継投」、3rd.詩集『野球という名の、ひかりに似たもの』から「川を渡る」の4篇を収録。また本作のために「影長く伸びる塔のような建物の裏で待っているよ、な気がしてならない」「III/THREE」の2篇を描き下ろし。計6篇6曲入り。 森の外れが/この都市の路地裏へとつながる/奇跡みたいな/一千一秒のものがたり(「影長く伸びる塔のような建物の裏で待ってるよ、な気がしてならない」より)たちをお楽しみくださるとうれしいです。 ◼️収録作品: 01そばかすサンデイモーニン 02:25 02クライシェの星 04:44 03影長く伸びる塔のような建物の裏で待っているよ、な気がしてならない 04:12 04III/THREE 05:23 05継投 02:53 06川を渡る 08:02 ◼️ブックレットについて: 紙ジャケットはカラー、計16ページの歌詞カードのような詩集兼ブックレットはモノクロ。 曲に合わせて、テキストのレイアウトを6篇ともすべて変えてあるので、既刊の詩集に掲載の作品もまったく別レイアウトに仕上げ、聴きながらあらためて目と耳で楽しんでいただける仕様です。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

1st.ミニアルバム『popi/jective』
風神雷神や。
Loading...
Cannot play
◼️popi/jective アーティストの笹谷創と詩人の佐藤yuupopicによる音楽×詩のユニットpopi/jectiveのデビュー作となるセルフタイトルの1st.ミニアルバム。 違うけれど似ているふたりによる音楽×声×ことばセッション。近過ぎず遠からず。音楽と詩のことばが指先で手をつなぐような距離感でふんわり存在しあう新感覚ポエトリーリーディングミュージック誕生。 ◼️推しコメ! 「こうゆうのやりたかった!」 御徒町凧(詩人) 詩人の御徒町凧さんから推薦コメントを頂きました。森山直太朗さんの「さくら(独唱)」他一連の共作や山崎育三郎さんの新曲「誰が為」等数多作詞も手がけ音楽に縁深い凧さんの、かわいらしくインパクト溢れることばと共にまだ見ぬあなたに届きますように。 ◼️CDのみの制作について: 手に取っていただけるものが作りたくて、この時世に逆行してあえてサブスク販売なし。フィジカル盤のCDのみの制作です。 ◼️商品情報: 発売日:2021年4月26日 商品コード:FRY-001 価格:1,800円(税込) 収録時間:27:41 曲+リーディング:笹谷創 詩+ リーディング:佐藤yuupopic イラスト+ビジュアルデザイン:あらたよう 制作:風神雷神や。 協力: aulymosquito ◼️作品説明: 佐藤 yuupopic1st.詩集『トランジッション』から「そばかすサンデイモーニン」「クライシェの星」、2nd.詩集『球春礼賛2017』から「継投」、3rd.詩集『野球という名の、ひかりに似たもの』から「川を渡る」の4篇を収録。また本作のために「影長く伸びる塔のような建物の裏で待っているよ、な気がしてならない」「III/THREE」の2篇を描き下ろし。計6篇6曲入り。 森の外れが/この都市の路地裏へとつながる/奇跡みたいな/一千一秒のものがたり(「影長く伸びる塔のような建物の裏で待ってるよ、な気がしてならない」より)たちをお楽しみくださるとうれしいです。 ◼️収録作品: 01そばかすサンデイモーニン 02:25 02クライシェの星 04:44 03影長く伸びる塔のような建物の裏で待っているよ、な気がしてならない 04:12 04III/THREE 05:23 05継投 02:53 06川を渡る 08:02 ◼️ブックレットについて: 紙ジャケットはカラー、計16ページの歌詞カードのような詩集兼ブックレットはモノクロ。 曲に合わせて、テキストのレイアウトを6篇ともすべて変えてあるので、既刊の詩集に掲載の作品もまったく別レイアウトに仕上げ、聴きながらあらためて目と耳で楽しんでいただける仕様です。